りっくす手記

基本的に鍵っ子ブログだったんだけど最近は家族のこととか。旅や聖地巡礼や車バイクのことなど

クラゲ

会社の近くにあるふれあい科学館という小さな水族館でクラゲ展が始まるということで、うちの娘が興味津々だったので行ってみた。

 

f:id:lix12:20190321171007j:plain

開園まで待ちきれない様子の我が娘

 

f:id:lix12:20190321171057j:plain

いろんな種類のクラゲが展示されていてうちの娘も興味津々。

 

f:id:lix12:20190321171145j:plain

俺が一番見たかったクラゲも展示されていて大満足☆

 

f:id:lix12:20190321171229j:plain

以前は怖がってやろうとしなかった魚への餌やりも、自ら進んで行うように。成長を感じた瞬間だった。

 

f:id:lix12:20190321171328j:plain

一通り見終わったあと、工作コーナーへ。

以前はすぐ「ママ作って」となっていたのに、今回は最後まで「自分でやる!」といって頑張っていた。いや本当に成長したねキミ。

 

うちの子も先月四歳になりました。

魔の四歳児という言葉があるけど、我が娘も例外にもれずなんでも「自分でやる!」となり、感情の切り替えスイッチがわからず、ついさっきまで上機嫌だったのにいきなり不機嫌になるなど、テンプレート通りの成長っぷりを見せてくれています。

 

しかしそれも成長の証。本日それが実感できてよかった。

 

いちご狩り

いつ以来だろう…おそらく幼稚園の頃に一度行ったきり。

そんないちご狩りに本日家族三人で行ってきました。

 

場所は厚木にある清田苺園さん。

 

じゃらんで予約できるいちご園は軒並み予約が一杯で、Google先生を駆使して他を当たってみたところ、予約あいてるこちらを探し当て、無事に一週間前にも関わらず予約成功!

 

そして本日は気温も暖かく快晴で絶好のいちご狩り日和!

(まあいちごはハウス栽培なので気温や天候に左右されないんだけどね)

 

受付を済ませ、いちごの狩り方の説明を受けたあと、いよいよハウスヘ!

 

いちご畑!

おおっ!いちごがズラーッと!

見た目じゃわからないけど、列ごとにいちごの品種が違うらしい。

中には「おいしいベリー」と言う名の品種もあるらしく、おもわず「美味しいんすか!?」と聞いたところ「知らない」という塩対応www

 

接客スマイルな対応より、こういうぶっきらぼうなほうが個人的には大好きw

 

さて、いちご狩り開始!!

 

真っ赤!

大小様々ないちごがいーっぱい実ってる。

そして説明通り茎から千切り、ヘタを取って事前にもらった練乳をつけて食す。

 

 

 

 

美味っ!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

なにこれ信じられないくらい美味い!!

店で売ってるのとぜんぜん違う。酸味も少なく、超みずみずしくて超甘い!!!

 

超でかいいちご

なんか写真だとわからないけど、もんすごいでっかいイチゴなんかも実ってたりして、しかもこれがまた美味いのなんの。

 

受付時に貰ったパックとの比較写真を撮ったけど、それでもなんか大きさが写真だと伝わらないw でもとにかくめちゃくちゃデカかったんです。

 

娘も嫁さんも大興奮。

 

ヘビー級のいちごを喰らう我が娘。

でも娘はなんかイマイチ興奮してなかったなー。いちご好きなはずなんだけど。

 

それにして店売り品と比較にならないほど美味しくてビックリしました。

まだまだ何個でも食べられる感じだったけど、これ以上食べると腹壊すかもしれないってことで途中で自主的に切り上げていちご園を後にしました。それでも俺は30粒(でかいのも含む)以上は食べたので十分元は取れたはずw

 

それにしても1600円でこんなに美味しいいちごが30分食べ放題になるならば、今シーズン中にもう一回は行きたいな。

 

果物はもぎたてが一番美味く、以降どんどん味が落ちていくのだそうな。そのへんが野菜とは違うところ。

 

イチゴだけじゃなく、みかんやぶどう、梨狩りも挑戦してみたい。

よしひさお兄さん卒業

マジか…

 

おかあさんといっしょ」の体操のお兄さんであるよしひさお兄さんが3月いっぱいで卒業というニュースを見てしまった。

 

我が娘が生まれた時既によしひさお兄さんが体操のお兄さんを努めており、最近はもう

おかあさんといっしょを見ることもなくなってしまったけど、それでも娘が生まれた時のお兄さんが卒業というのは寂しいなぁ。

 

「ブンバボーン」は歴史に残る名曲になるでしょうね。

長い間お疲れ様でした。

 

<<追記>>

りさお姉さんも卒業かよおおおおおおおおおおおおお(´;ω;`)ブワッ

聖バレンタインデー

ついに来ましたよこの日が。愛娘にチョコを貰うというパパにとって最高の日が。

 

f:id:lix12:20190216203906j:plain

娘ちゃんが顔の部分をデコったチョコ!

チョコを作った、というと語弊があるけど、娘ちゃんが顔の部分をデコったチョコレートを貰ったのが今年のバレンタインのハイライト。

 

もうこれだけで十分ですよ!

 

うちは女の子だし、そう遠くない将来「パパうざい」という日も来るだろうけど、その前に完全手作りチョコをもらうのが夢です。

4歳

数日経ってしまったけど、先日我が娘は4歳の誕生日を迎えることが出来ました。

 

f:id:lix12:20190211135730j:image

今年の誕生日プレゼントは、始まったばかりの『トゥインクルプリキュア』の玩具。本物?公式?のものだからいい値段したけど、やっぱり本物はクオリティが違うねー。

 

これが物凄く嬉しかったらしく、翌日も早く目を覚まして「プリキュアの玩具で遊ぶ!」と言い出す始末( ̄▽ ̄;)

 

もうこの年齢になると衝撃的なことは将来まで記憶に残るから、4歳の誕生日にプリキュアのおもちゃを買ってもらって嬉しかった、という記憶が残ってくれると嬉しいなぁ。

 

それにしてもトゥインクルプリキュア始まったばかりなのに、もう既に一通りの玩具というかグッズが揃っていたのには驚いた。

インフルエンザ

嫁さんと娘ちゃんがインフルエンザに罹ってしまい、全然娘ちゃんと遊べないワイです。

 

それにしても今はすごいね。インフルエンザのワクチンも昨年から混合型だし、タミフルとか出てきたおかげで発熱後48時間以内に服用すればたちどころに治るっていう。

 

俺がインフルエンザに罹ったのは中学二年の時。今から実に30年近く前の話だ。

 

当時はタミフルのような便利な薬はなく対処療法しか術がなかった。

 

おかげで発熱から完治まで結局一ヶ月くらいかかったんじゃないかなー。後半は体は元気なのに熱が下がらないから学校に行けないのがすごくもどかしかった記憶がある。

 

そして、まだ完全に熱が下がってないのに体は元気だからって痺れを切らして登校したら、それがきっかけで学級閉鎖に始まり、最終的には学校閉鎖まで追い込んでしまった。

 

クラスメイトが言うには、面白いように俺の周りの席の人から順次休んでいったようだ。インフルエンザウイルスの感染力の恐ろしさを子供ながらに思い知りましたね。

 

それにしても嫁さんも娘ちゃんもちゃんと予防接種受けたのにインフルに罹るものなんですねー。

まあそのおかげで症状が軽いのかもしれないけど。

トラックの常備品

かつて長距離やっていた時のトラックの常備品がすごかった。

 

・カセットコンロ

・やかん

・炊飯器

・米(無洗米2kg)

・レトルト食品10個位

カップ麺10個位

・水(2Lx6)

 

f:id:lix12:20190105210152j:plain

炊飯器で米を炊いたところ。

無洗米なので正直全然美味くはなかったけど、本当に腹を満たすためだけの作業ってかんじ(;^ω^)

 

f:id:lix12:20190105210309j:plain

炊きたてご飯にレトルトの牛丼をぶっかけたところ。

レトルト食品をどうやってあたためるのか?という疑問ですが、炊きたてのご飯がめっちゃ熱くて、そこに常温のレトルト食品をぶっかけると熱がそっちに奪われ、ちょうどいいおんどになるのです。

 

長距離やってると一週間出っぱなしになるため、SA/PAで外食ばかりしてると出費がとんでもないことになるので、このような涙ぐましい努力をして節約に励んでいたというわけです。

 

また、このような装備を常備していると大雪などでハマった時などでも数日間は自力で生きられるので安心ではありましたね。

 

今はまだ子供が小さいので長距離はできないけど、ある程度子供が大きくなって手が離れたら、また長距離に戻るんだ…!