りっくす手記

基本的に鍵っ子ブログだったんだけど最近は家族のこととか。旅や聖地巡礼や車バイクのことなど

リード100 レギュレータ&IGコイル交換

セルモータを新品交換したにもかかわらず、再びバッテリーが怪しくなってきた(;´Д`)

 

それと雨の日などにアイドリングが下がることなどからプラグコードのリークが考えられるため、以前にヤフオクイグニッションコイルを落としていたのでした。

 

マフラー交換してとりあえず症状はだいぶ改善されたんだけど、せっかくなんでレギュレータの交換ついでにこっちも交換してみた。

 

バッテリー電圧低下の原因はまったくもって不明。しばらく放置した後セルを回すとセルのパワーが弱々しい。

 

でもしばらく乗ってちょっと停め、またセルを回す時は普通に回ってくれる。なんだこれは。

 

寒いからバッテリーが弱くなってるのかな。確かに2000円ちょいの安物バッテリーではあるけど。

 

 

レギュレータもイグニッションコイルも事前にヤフオクで落としていたので、今朝から作業開始。

 

レギュレータはフロントパネルを外し、バッテリー横にあるのでこれをボルト一本外すだけで交換可能。

 

なんという整備性の良さ!

 

 

イグニッションコイルの方は少々面倒。

 

まずメットインを外し、給油口のフタを開け、プラグにアクセスするフタ(?)の上にあるクリップを2つ外し、更にシート下全面のカバーを外してイグニッションコイルとご対面。

 

 

こんな感じね。

 

でもどれも外すのが超カンタンで、つくづくホンダ車の整備性の良さに感心させられます。

 

 

 

んでコイツがイグニッションコイル。ピンボケ残念!!

 

コイツもさくっと交換し、いざ試乗。

 

 

おお、なんかエンジン回転がマイルドになった感じ。しかもしばらく乗るとパワー感が出てくる。

 

アイドリング音からして変わり、やはりイグニッションコイル(又はプラグケーブル)も問題を抱えていたんだなと判明。

 

 

だいぶ問題点が絞られてきました。

 

・あとはオートチョークの解除に時間がかかるのでこれの交換。

 

・朝イチのバッテリー電圧低下の謎の究明

 

 

それと、近いうちRS125用のイグニッションコイルを入れ、社外品のCDIも入れたいなw