りっくす手記

基本的に鍵っ子ブログだったんだけど最近は家族のこととか。旅や聖地巡礼や車バイクのことなど

CLANNADは人生

鍵っ子たちの間でよく「CLANNADは人生」という言葉が使われるけど、俺ほどCLANNADがきっかけで人生が大きく変わった人間って、そうそういないんじゃないだろうか。

 

ブログでは明るい話しか書かないつもりなんだけど、今回はあえて黒歴史に触れようと思います。

 

俺は横浜市内にある某国立大学を卒業後、この木なんの木の歌で有名な某大企業に就職。

しかしこの会社に入ったのは、今となってはタブーとなっている原子力に携わりたかったからなんだけど、配属されたのはテレビの開発(´Д⊂

10年努めたある時、俺のいた事業グループが分社化され、総本山から切り離されることとなり、それをきっかけに元々志していた原子力部門への転職活動を開始。

そして無事横浜市内の某企業の原子力研究部門への内定を頂き、時が来るのを待つばかりとなった直後に起こったリーマンショック

その影響は俺の身にも降りかかり、業績悪化による内定取り消しの通知を頂くことに。

もう少しそのタイミングが早ければ退職の取り消しを申請できたんだけど、時既に遅く、10年努めた某企業を退職せざるを得なくなったのです。

 

そこから俺の転落人生が始まります(;´Д`)

日本の社会のシステムでは一度新卒のレールを外れてしまうと、まともな企業に就職することは極めて困難なんですよね。

資格とか色々持っていれば別なんだろうけど、昇進を優先して社内資格ばかり取っていたため、公的な資格は皆無に等しかったのです。

今までが順調すぎた人生であり、また電機メーカーでの勤務経験しか無く、再就職先として電機関係、しかも以前は超一流企業にいたというプライドもあり、最低でも上場企業しかターゲットに入れていませんでした。

しかし当時はリーマンショックの影響による不景気真っ只中。尽く頂くお祈りのお手紙。

 

無職期間は約一年に及びました。

最初の半年は本気で就職活動を行っていましたが、後半の半年は遊び呆けていたというか、半ば自暴自棄になっていましたね。

結果貯金は底をつき、当時借りていたマンションも引き払わざるを得なくなり、住む場所もなく、貯金もなく、完全に人生詰んだ俺は寿町という、横浜市中区にある日雇い労働者が集うスラム街の中にある簡易宿泊施設、通称「ドヤ」に住み、福富町にあるソープランドでボーイとして働くことになるのでした。

このドヤに住みながらソープランドで働いていた暗黒期間、それはそれで結構楽しい時期でもあったんですけどね(;´∀`)

今までの常識では考えられないようなシーンに遭遇することも多々有りました。

また当然、こういう業界だから悪い人というのも多く、そういう悪い人の仲間も多くなり、俺自身もそういうのに影響されて、結構犯罪グレーゾーンというか、中には完全にアウトというか、おまわりさんのご厄介になることもありました。

 

ここまでが俺の人生で最も最底辺だった時期。

 

風俗業界は昇進も早く、昇進すると給料もガクッと上がり、この世界に足を踏み入れて一年後にはドヤを出て生まれ育った鎌倉にアパートを借りる事ができるようになったのです。

 

この転居が本当に良かった。

 

ドヤに住んでいた時は仕事の日もオフの日も悪い人たちと関わらざるを得なかったけど、鎌倉に引っ越してからは仕事以外では昼の世界に戻れ、だいぶ悪い影響を受けなくなっていったように思います。

 

そして、ここからが本題w

 

当時からTwitterをやってたんだけど、その時のフォロワーさんに勧められたCLANNADをプレイし、クリア後にものすごい衝撃を受けたというか、意識が完全に変わりました。

完全に底辺まで堕ちてしまったし、結婚などとうの昔に諦めていたんだけど、このゲームがきっかけで強い結婚願望、というか正確には自分の血を引く子供がほしいと強く思うようになりました。

 

って、ここまで書いて気づいたけど、俺ってすぐ何かに影響されやすい単細胞みたいですねw

 

とりあえず派遣でもいいから昼職に就こう!と決意をしたのが2011年10月の頃。

そして人生を改める決意でブログを開設し、Twitterアカウントも作り直し、人生やり直そうと誓いました。

 

そう、その時開設したブログってのがこのブログですw

 

lix12.hateblo.jp

↑の記事は鳥浜駅近くのリサイクルセンターへ派遣の面接に行った時のものでした。

 

最初は期間従業員や派遣の仕事を転々とするどうしようもない生活だったけど、ボクシングを習うようになってから根性がついたのか、水道工事の仕事が会社も仕事も楽しく長く続き、バイトから始めたその仕事も社員となり、晩年は一つの現場のリーダーを任されるようにまでなりました。

 

そしてその間ちょっとしたご縁が有り、人生のパートナーも見つかり、結婚の日取りまで決まった所でご懐妊が発覚し、母子手帳の関係で入籍を早めたというエピソード。

 

f:id:lix12:20161029234259j:plain

2011年10月、人生をやり直そうと派遣の仕事の面接に行った鳥浜駅に

 

f:id:lix12:20161029234348j:plain

5年後の2016年10月、大型トラックドライバーとして再び通りかかることに。

 

今では結婚し子を成し、家も買い車2台とバイク1台を持つ生活です。

2011年の春前くらいまではドヤに住んで風俗店で働く生活でしたが、5年でここまで人生が変わりました。

それもこれも、CLANNADをプレイし、それに多大な影響を受けたのがきっかけです。いや本当に。

 

どうです?俺以上にCLANNADで人生変わったって人はそうそういないでしょw

もしいらっしゃるなら、その人のエピソードも是非聞いてみたい。

そして願わくばその人とCLANNADについて酒でも飲みながら語り合いたいですね。

 

先日トラックで鳥浜駅前を通りかかったときにふと昔の暗黒時代を思い出したので、今回あえて曝け出してみました。

 

CLANNADは人生