りっくす手記

基本的に鍵っ子ブログだったんだけど最近は家族のこととか。旅や聖地巡礼や車バイクのことなど

ボクサー病

 職業病というか、日頃の習慣というのは恐ろしいもので、日常生活において無意識に出てしまうから怖いw
今日はボクサーの人が見たら思わず「あるあるwwww」と頷くようなネタをノンフィクションでご紹介いたします。


CASE1:鏡
鏡、特に全身鏡とか見てしまうと、思わずシャドーとかしてしまいますよね。
今日はドアにガラスがあるエレベーターに乗った時、背後の壁が鏡になっていて、乗り込んで思わずファイティングポーズをとりながらウィービングとかやっちゃったんだけど、鏡越しに後ろから女子大生風の女の人二人組がこちらを見て笑っているのに気づき、本当に恥ずかしかった。
しかし本当に恥ずかしいのは、行き先フロアのボタンも押さず、動かぬエレベーター内で一人シャドーしてる事だった・・・!!


CASE2:蛍光灯のヒモ
ウィービング練習機材として、重いパンチングボールのようなものがぶら下がってる機材があり、それにジャブを入れて揺らしてウィービングして避けて練習するんだけど、ぶら下がって揺れてるものをボクサーに見せるのは、猫にマタタビを見せるに等しい!!
自宅では頻繁に蛍光灯のヒモにジャブを入れ、ついついウィービングをしてしまうんだけど、先日仕事中にお客さんのお宅でついついそれをやってしまい、あろうことかお客さんに見られてしまい、思い切り笑われてしまった。。。。


以上のことを店長に話したら、やはり彼も同じようですw
格闘技やってる人は似たような経験あるんじゃないでしょうか(;^ω^A